So-net無料ブログ作成

リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党(医療介護CBニュース)

 民主党の「安心社会の構築に向けたリハビリテーションを考える議員連盟」が6月15日に発足する。各種のリハビリテーションを充実させることで、医療や介護、福祉の増進を目指す。土肥隆一衆院議員が呼びかけ人代表となっている。

 同議連は、15日午後4時から衆院第二議員会館で設立総会を開く。設立総会では、日本リハビリテーション病院・施設協会の澤村誠志名誉会長が「安心社会の創生に向けて解決すべき課題」をテーマに講演する予定。

 発足後は、リハビリをめぐる現状を把握すると同時に、新たな政策を提言するための勉強会を定期的に開催する。呼びかけ人事務局の山口和之衆院議員は「法改正の提案も視野に入れ、さまざまな提言を行いたい」と話している。


【関連記事】
日数制限撤廃で「全人的リハビリ医療の再構築を」
優れた高齢者福祉機器を募集―日本リハビリ工学協会
「総合リハビリ料」新設で関連5団体が要望書
在宅リハビリテーション、本人の主体性を大切に
「訪問リハビリステーション」の制度化を−全国振興会

「もう一度よみがえる」=熊野で復権へ意欲―民主の小沢氏(時事通信)
警察への相談、2%減少=「振り込め」大幅減が影響か―警察庁(時事通信)
岩手・宮城内陸地震 慰霊碑に刻む「絆」…14日で2年(毎日新聞)
【2010参院選】滋賀、知事選とダブル選→県議辞職でトリプル選に (産経新聞)
超党派で「財政健全化検討会議」…首相所信表明(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。